月別アーカイブ: 2016年5月

念願の愛車

高校生の頃に運転免許を取得してから、早く自分の車が欲しいと思っていました。
いろいろな種類の車雑誌を眺めては妄想を逞しくさせていました。

学校を卒業してフリーターになって自分で稼ぐようになってからは、自分の生活で精一杯、車を購入できる事は叶いませんでした。
それからしばらくして正社員として働き始め少しづつ貯金をするようになりました。
車を買う為にです。新車に女性を乗せてドライブに行きたかったし、なによりもずっと夢に見ていたので仕事も頑張れました。
何か明確に欲しいものがあると、仕事を頑張れるものなのだなあと強く感じました。
そしてなんとか300万円ほど貯めました。二十代も最後の歳になっていました。

一括で支払って車が手に入る!!と思った矢先、ディーラーの手違いでもう50万円必要になってしみました。50万円なんて私の手元にはありませんでした。借金をすれば勤務先にバレて評価が下がるのではないか・・・と迷いましたが、キャッシングに頼ることにしました。調べてみると勤務先にはバレないみたいです。

※私が参考にしたサイト・・・キャッシングは勤務先にばれる?職場に在籍確認の電話はかかってくるのか?

週末の休日に国産車のディーラーから外車のディーラーまで、色々とまわってみました。試乗してる時は至福の時でした。何台試乗したか覚えられないくらい乗りました。そしてMAZDAのCX-5とフォルクスワーゲンのゴルフの二台に絞りました。結局初めての車は、外車のゴルフにしました。
コンパクトサイズなのもよかったし、なによりも乗り心地が良かったし、地面にしっかり張り付いた感じがしたしトルクも気持ちよかったです。色は赤にしました。
納車まで一カ月あったのですが、もう待ちきれなくて毎日眠る前にディーラーでもらったカタログばかり眺めていました。夢にも出てきたくらい。
そしてとうとうその日がやってきました。
車はディーラーで受け取る事になっていたので、金曜日の夜仕事を早めに切り上げて急ぎ足で向かいました。

すると、もう外の駐車場に僕のゴルフが停まっているじゃありませんか。赤色なので間違いないと思いました。冷静を装ってディーラーの中に入ったのですがもう顔は緩みっぱなし。ほんとうに嬉しかったです。夢に見た自分の愛車です。
帰り道、家に向かうまでこれまで経験した事のない幸福感に包まれてて最高の気分でした。今でもその時の事は明確に覚えています。
大事に大事に育てていた欲望は、自分自身の根元から生えてきた欲望だったのでそれが満たされて満足したのでしょう。今でもそのゴルフは大切に乗っています。”